2006年03月29日

白金ナノコロイドとは

白金(プラチナ)ナノコロイドとは、白金を2ナノ(10億文の2m)サイズに微小化し、これをポリマー(水に均一に分散させる為に保護材の役割をするもの)でコーティングして溶液にしたものです。

白金ナノコロイドは、抗酸化作用があり、体内の過剰な活性酸素を除去して正常な細胞などに障害を防ぎ老化防止に繋がるというものです。

他の抗酸化物質との違いは「触媒」として働くことで、他の物質は1度働くと作用がなくなるの対し半永久、すなわち体外に排出されるまで効果が続きます。

まだまだ認知度の低い白金ナノコロイドですが、2005年下半期から2006年にかけて採用商品が急激に増えるだろうと予想されています。

アンチエイジングや肌荒れ解消などに期待できそうですね♪
posted by ワッコ at 17:00| Comment(0) | 白金ナノコロイドとは? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。